活動報告

コラム~評価のタネ~第5回(2022.4.10)

2022.4.26

弊社代表下崎によるミニコラム~評価のタネ~

今回は第5回目を掲載します。

令和4年4月10日

第5回 テーマ「裁決・判決における鑑定評価の判断」

国税不服審判所の裁決及び裁判所の判決において、

土地の時価の是非については、原則的には鑑定評価による「適正な時価」の判定が必要となる。

しかし、必ずしも、土地評価の裁決又は判決では鑑定評価による「適正な時価」として審理されるのではなく、

提出された鑑定評価について合理性があるかどうかを審理され、

鑑定評価について合理性がないと判断された場合には「適正な時価」を超えないものとして

課税庁の価額が認められることになる。

したがって、税務署、国税不服審判所、裁判所における鑑定評価については、

合理性、説得性のある鑑定評価の技術が必要となる。

以上


一覧へ戻る