活動報告

コラム~評価のタネ~第4回(2022.3.28)

2022.3.28

ミニコラム~評価のタネ~

第4回 令和3年3月28日

テーマ「地価公示価格」

公的価格として地価公示価格がある。

毎年3月中旬に国土交通省からホームページで発表される。

この地価公示価格については、昭和45年からその価格の詳細が分かるようになっており、

土地価格の重要な指標となっている。この価格は、基本は時価と言われているが、

実態は、地価変動率を基本に近隣の取引事例のバランスを図られている指標であり、

必ずしも取引時価とは異なることとに留意をすべきである。

いわゆる、時価の目安であり、なかには、地価公示価格の倍で取引される場合とか、

地価公示価格の半分で取引されることがあることに注意をすべきである。

土地というものは、同じ条件の土地は2つとしてなく、

あくまでも売り手、買い手の思惑で取引されるものである。

以上


一覧へ戻る